「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
花は葉に

花は葉にやがて忘るること多し 杉竹
まだ咲かぬ枝を抱きつつ花は葉に 杉竹
染められし心の花は言の葉に茂れど哀し君し居らざり 横雲
本意隠しいつもまじめなふりをして誕生の日も嘘つき通す 【まじめ】八慧
    

【2020.04.01 Wednesday 05:51】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
花疲れ

風遊散片戲
半月椋啼寄
獨醉徨槐下
悲歌不止淚 横雲
うとましきままにひとりや花疲れ 杉竹
句の詠めぬひとり吟行花疲れ 杉竹
散る花を見るにも悲しあす知らぬうき身ながらに世をわたるかな 横雲
吉凶を占う今朝の星座表良くも悪しくもあなたは来ない 【凶】八慧

【2020.03.31 Tuesday 06:44】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
枝垂桜

古寺の枝垂桜に雪淡し 杉竹
枝垂桜見る人なくも艶めける 杉竹
かれにしもにほひ懐かし手をとりて枝垂るる桜共に見し人 横雲
この春の催し物は皆中止招かれていた花見の宴も 【招】八慧
  

【2020.03.30 Monday 06:21】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
花の雨

しずしずと音を潜めて花の雨 杉竹
花の雨逢はずに過ぎて一日老ゆ 杉竹
鴬の声の萎るる花の雨ふるもかひなき身を濡らすかな 横雲
散る花に甦るのは峰越えて桜訪ねたふたりの旅路 【峰】八慧
   

【2020.03.29 Sunday 06:56】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
春雷

櫻花亂散聞春雷
沐雨卷風晚鐘哀
記得那年逢華下
如今異境盡光盃 横雲
かすみゆく遠き街の灯春の雷 杉竹
春雷の近付く気配粒の雨 杉竹
激しかる音と光に闇裂くる雲ゐはるかの春のいかづち 横雲
空高く天使の声かソプラノの囀りを聞く春の野遊び 【ソプラノ】八慧
 

【2020.03.28 Saturday 06:36】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
青き踏む

新しき橋渡り来て青き踏む 杉竹
踏青や生くる哀しみ限りなし 杉竹
萌え出づる野辺の若草踏み行けばほのかに見えし人の待たるる 横雲
舞う花に此処までお出でと誘われて何処まで行こう春の山里 【処】八慧
  

【2020.03.27 Friday 06:34】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
土筆

風の声聞く畦道のつくづくし 杉竹
野に一人取り残されて土筆摘む 杉竹
佐保姫の筆に染まるや水茎の跡はむかしの春懐かしむ 横雲
譲り葉が落ちて別れる日が近く出会いの季節は駆け抜けていく 【譲】八慧
 

【2020.03.26 Thursday 06:57】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
山笑ふ

佳辰風雨多難召
鳥囀櫻華次第咲
可惜閑人夢斷醉
春山淡冶而如笑 横雲
畦みちの直線の果て山笑ふ 杉竹
山笑ふ人なき道の先知れず 杉竹
人恋ひてさまよひいるや梓弓笑ふが如き春の山々 横雲
棄て難いがらくたの山前にして死ぬに死ねずと笑ってすごす 【がらくた】八慧
  

【2020.03.25 Wednesday 06:06】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |

一直線無人の並木花の里 杉竹
花咲くも夜明けの知れぬ世を憂ふ 杉竹
人のまつ花ちる里は夕暮れてなく鴬の一声哀し 横雲
君の掌とふれ合った日が甦る花散る里に今日ひとり居て 【掌】八慧
 

【2020.03.24 Tuesday 06:03】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
彼岸西風

彼岸西風迫る不安に孕む苦果 杉竹
よろよろと風に煽らる彼岸婆 杉竹
うつろへる春の心を散らしつつ風を恨みて袖ひるがへす 横雲
春の夜の支離滅裂の言い訳に巡回冗長検査のエラー 【冗】八慧
  

【2020.03.23 Monday 06:48】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |