「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
麦酒

旧交のやがて復して缶ビール   杉竹

缶ビール睦むともがら風みどり   杉竹

それそれに麦酒の杯を掲げつつ祝ふ出逢ひの宵の歓び   横雲

緑陰に別れた後に残ってる空のビールの缶が潰れて   やゑ

【2017.07.22 Saturday 08:33】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
黄菅

湖畔への黄菅の原に鐘響く   杉竹

夕菅や遥かな友へ便りして   杉竹

夕菅の道を辿りて偲びたる面影遠し頼るかたなく   横雲

湖畔には黄菅が咲いて夏の日が空の高みをゆっくり過ぎる   やゑ

【2017.07.21 Friday 07:43】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
梅雨明

梅雨てふも雨なきままに梅雨明くる   杉竹

梅雨明や訪ねし人の不在なる   杉竹

さみだれて空頼みしに梅雨明くやあかしかねつる夜をうらみける   横雲

梅雨明けの空に流れる歌声を囀る鳥が追いかけている   やゑ

【2017.07.20 Thursday 06:26】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
涼風

クーラーの要らぬ高原葉のそよぎ   杉竹

涼風を入れて窓辺に文置きぬ   杉竹

林抜け野をさまよひて又入りぬすず風かよふ落葉松林   横雲

涼風が吹いて空には雲の峰高原湖畔好機到来   やゑ

【2017.07.19 Wednesday 08:25】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バーベキュー

バーベキュー

高原は急の雨なりバーベキュー    杉竹

バーベキュー老い語りあふよひふけぬ   杉竹

木の陰に炉の火の色に見いりつつ昔日語り焼けるを待てり   横雲

バーベキューしながら語る若い日の燃える想いを懐かしむ夕   やゑ

【2017.07.18 Tuesday 06:08】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
虎尾草

心揺れ人待てる野や虎尾草    杉竹

屈むれば丘虎ノ尾のそよぎけり   杉竹

道の辺に咲きて淋しき虎尾草林の尽きて山遠く見ゆ   横雲

遠い日を思い出したくないけれど丘虎ノ尾がサヨナラをする    やゑ

【2017.07.17 Monday 05:58】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雷雨

分かるれば忽ち雷雨浅間裾   杉竹

昼餉後雷雨激しく身を揺する   杉竹

枕づく嬬恋の夜のいなつるびなほ激しかる想ひ抱けり   横雲

一瞬の身体貫く稲光忘れたように遠退いている    やゑ

【2017.07.16 Sunday 07:45】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野苺の実

野苺の赤洗われて雨止みぬ   杉竹

野苺を摘む背に遠き雷聞きぬ   杉竹

露に濡れ野苺の実の赤きかな摘むは恋路に迷へる身なり   横雲

野苺の摘んだ小さな赤い実を口に含めば想いは新た   やゑ

【2017.07.15 Saturday 06:25】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
赤紫蘇

妻の煮る紫蘇の香激し昼餉前 杉竹
煮詰めたる赤紫蘇ジュースの香の沁みて 杉竹
逢ふことのまれなる夏や赤紫蘇の色の染まれりあかぬ心に 横雲
涼風をゼリーにすると揉みだしたルビーの色の赤紫蘇ジュース やゑ

 

シソ科の一年草の紫蘇は、自生もするが、おもに栽培される。香気があり青紫蘇は刺身のつまなどに、赤紫蘇は梅干の色づけなどに利用される。

 

 紫蘇もんで日暮れ濃くなる鞍馬口 飯田龍太
 紫蘇揉みし指いつまでも紅かりし 立川満洲野
 赤紫蘇の色の秘密を秘す如し 高澤良一
 束ねたる紫蘇の葉匂ふ夕厨 清島静恵

【2017.07.14 Friday 07:34】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
打水

蚊取り手に水遣る庭や風そよろ 杉竹
水打てる店先に居て待つ心地 杉竹
打水の裏戸の涼にひかるるもゆくかたのなき夏の夕暮 横雲
ぼんやりと人待っていて打水をすれば裏木戸涼風が吹く やゑ

 

打水とは、夏の昼下がりや夕方に暑さや埃を抑え涼風を呼ぶために庭・路地・店先などに散水すること。また、その水をいう。水を打つ。水撒き。
水を打つと庭の木や草は蘇ったように緑を増し見た目にも涼しくまた草木から滴り落ちる雫にも清々しさを覚える。
草木に水をやる「水遣り」は季語にはならないのだろうか。たしかに植物を育てる「水くれ・灌水」は一年中のことではある。園芸では「水やり三年」という言葉があるほど難しいことらしい。
夏の庭への「水遣り」は仕事のごとく私に課せられる。

 

 打水の拾ひ歩きや神楽坂 今井つる女
 しばらくは歩を合はせけり散水車 内田美紗
 打水の流るる先の生きてをり 上野泰
 水打つてそれより女将の貌となる 鈴木真砂女

【2017.07.13 Thursday 06:50】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |