「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
生酔い


・ならずもの(八慧)
逢えぬまま過ぎ行く秋は夢ならずもの言う花の色香遠退く
・橋(八慧)
思川越えてジョー呼ぶ泪橋渡りきれない純情ひとつ
・盗(八慧)
新走り味見す吾は老厭う命盗人今日も生酔い

 

【2018.09.21 Friday 07:00】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋彼岸入り

 

草の露払ひて今朝は彼岸入 杉竹
秋彼岸草刈るせなに光あり 杉竹
人恋ふにひんやり秋の彼岸入 杉竹

 

【2018.09.20 Thursday 06:38】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋の朝


・蜘蛛(八慧)
木漏れ日の影を絡めてほの揺れる蜘蛛の囲飾る露の輝き
・液体(八慧)
液体のように流れる薄明かり陸橋越えてはるか東雲
・母(八慧)
草を刈る母刀自偲ぶ木暗がり幾つの秋がうつろい過ぎる

 

【2018.09.19 Wednesday 05:58】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ちちろ鳴く

 

雨上がりやがて夕暮ちちろ鳴く 杉竹
ちちろ鳴く雨戸一枚閉められず 杉竹
こほろぎや今宵は殊に星赤し 杉竹

 

【2018.09.18 Tuesday 06:46】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋の風


・うさぎ(八慧)
耳たてる月のうさぎが呼んでいる光の中へ団子供える
・チョコレート(八慧)
森抜ける涼しい風にチョコレート分け合う朝がはためいている
・泳(八慧)
ゆるやかに波立つ空に泳ぐ影眺めて歩くほろ酔いの宵

【2018.09.17 Monday 06:49】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋気澄む


曙の染まりくる時秋気澄む 杉竹
秋澄むや素足に軽き日和下駄 杉竹
枝折戸の開く音して秋澄めり 杉竹
 

【2018.09.16 Sunday 07:23】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
月影


・楽(八慧)
待つほどに雲居流れる秋の夜の月影薄い失楽の園
・うたた寝(八慧)
うたた寝を覚ます浮世の辛い夢冷たく笑う月がぽっかり
・弓(八慧)
弓張の月傾いてあわあわの木立の影に誘われている

 

【2018.09.15 Saturday 06:51】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
吾亦紅

 

街角の君を呼ぶ風吾亦紅 杉竹
吾亦紅空の青さを呼んでいる 杉竹
辛き世はひつそり生きむ吾亦紅 杉竹

 

【2018.09.14 Friday 07:18】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
風を嗅ぐ

 

・陸(八慧)
浜に出て吹き来る陸の風を嗅ぐ真夏の夜の夢の続きに
・教室(八慧)
廃校のすっからかんの教室に消されないまま落書残る
・アラビア(八慧)
なれはわがシェヘラザードと微笑んでアラビア夜話に想いを託す

 

【2018.09.13 Thursday 06:39】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花野風


揺れ交し風になぶらる夕花野 杉竹
大花野浅間の煙遠く見る 杉竹
風なごみひとり月夜の花野道 杉竹

 

【2018.09.12 Wednesday 05:33】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |