「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
春落葉

 

子の靴の踏むや花屑春落葉 杉竹
春落葉掃くほどになほ散りきたる 杉竹
境内の隅に溜まれる春落葉 杉竹

 

【2019.04.19 Friday 06:46】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「行く春を惜しみ」

 

2019-091:慎(八慧)
乙女らの慎ましく踏む花の塵振り返りてはまた惜しみけり
2019-092:約束(八慧)
稲熟れし頃の約束守られずやがてうつろひさよならの時
2019-093:駐(八慧)
八穂蓼の歩を駐(とど)むるや逢坂のたまのゆくゑをみぬぞかなしき

 

【2019.04.18 Thursday 07:25】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花楓

 

さやさやと陽に風呼びて花楓 杉竹
懐かしき人の便りやもみぢ咲く 杉竹
花楓病みたる人に手渡せり 杉竹

 

 

【2019.04.17 Wednesday 07:03】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「巡り会ふ幸」

 

2019-088:喩(八慧)
儚きも露とひとしき身にあれば何に喩へむ巡り会ふ幸
2019-089:麺(八慧)
わが罪の重きを知れり巡り会ふ幸の香りか焼きたての麺麭(パン)
2019-090:まったく(八慧)
まったくの嘘とは言へぬ約束が夜明けの空にだんだんかすむ

 

【2019.04.16 Tuesday 07:31】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花は葉に

 

公園にひとりの少女花は葉に 杉竹
花は葉に午後の陽のやはらかきかな 杉竹
友の顔老いしと思ふ花は葉に 杉竹

 

【2019.04.15 Monday 07:03】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「迷ひ路」

 

2019-085:跳(八慧)
跳び越ゆる渓の深きは知られねどいざよふ月を待ちわたるかな
2019-086:給料(八慧)
つらき夜の迷へる街に呼び招くカッフェの女給料理片手に
2019-087:豊(八慧)
影恋ふに豊旗雲に入日さし又ぬれそひてまどふ路かな

 

【2019.04.14 Sunday 07:52】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
潮干狩

 

貝拾ふ男並べり春の川 杉竹
潮干狩遠くの雲の峰崩る 杉竹
浜のごと光る潮干の牡蠣の殻 杉竹

 

【2019.04.13 Saturday 07:42】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「待ち侘る来信」

 

2019-082:米(八慧)
恨みこし人の心や小米花散り敷く庭に人は来たらず
2019-083:風呂(八慧)
空になる人のこころは見上げたる風呂屋の旧き煙突の先
2019-084:郵(八慧)
行く春の夢にぞ見ゆや待ち侘る郵便受の白き封筒

 

【2019.04.12 Friday 05:53】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
残花

 

一ひらの残花の光風に乗る 杉竹
旅止みぬ雨冷たくて余花残花 杉竹
追ふ影に平成惜しむ飛花落花 杉竹

 

【2019.04.11 Thursday 06:27】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「感傷旅行」

 

2019-079:徳(八慧)
尋ねつも花や散りたる背徳のあふ坂越えず遠き里山
2019-080:センチ(八慧)
散るまでは花の匂ひを思ひやりかたらはぬままセンチメンタルジャーニー
2019-081:暮(八慧)
花見むと契りし人と散る花の里に行きたき春の暮れ方

 

【2019.04.10 Wednesday 07:44】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |