「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
寒木瓜

寒木瓜の一輪咲きて雨になる 杉竹
寒木瓜や氣移りやすき色見せて 杉竹
寒木瓜の色うつろふと見ゆるかに思ひの影をさぐる夕暮 横雲
 

【2020.01.29 Wednesday 07:01】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
春隣

空庭寂寞患春鄰
日日幾枝綻絳唇
老去倚欄耽逸樂
還開舊刻待何人 横雲
鶏小屋に入らぬ一羽春隣 杉竹
春遠し春近しとも君のいふ 杉竹
梅一輪微笑む日差し楽しんでしのぶ昔の春まだ遠い 八慧
 

【2020.01.28 Tuesday 07:46】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
寒烏

日だまりに寒の鴉の声高し 杉竹
ゴミ袋手にして挨拶寒鴉 杉竹
冴ゆる朝物ほしさうに烏鳴き時ならぬ身を嘆きゐるなり 横雲
  

【2020.01.27 Monday 06:07】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
日脚伸ぶ

日脚伸ぶ縁に男の居座りて 杉竹
新しき鳥居建ちたり日脚伸ぶ 杉竹
待ち人を待ちくたびれて来ない日の憂い深まり日脚が伸びる 八慧
 

【2020.01.26 Sunday 07:22】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
垂氷(たるひ)

澟夜吟詩獨擁瓢
幽興細月架冰條
須愁沈醉望難結
睡起香消酒未消 横雲
古宿の垂氷の滴り手に受くる 杉竹
遅き朝軒の氷柱の融けゆくも酔ひ醒めずして春は未だし 横雲
 

【2020.01.25 Saturday 06:04】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
裸木

裸木に星のかかりて風浄し 杉竹
寒林に径は一すじ二人連れ 杉竹
煌ける灯り飾れる冬木立物思ふ人の影や寂しき 横雲
 

【2020.01.24 Friday 05:58】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
冬芽

風澄みて風切る冬芽ほの白し 杉竹
山の鐘微かに遠く冬木の芽 杉竹
野も山も春未だしや冬木の芽もえこがるる日おもふなるべし 横雲
 

【2020.01.23 Thursday 06:15】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
冬の星

 寒星莫限欲降明
 半月空山待曉更
 留意澟然看杏難
 愁吟老漢對芳情 横雲
神あれと仰ぐ子(ね)の刻冬の星 杉竹
凍星の降るほどありて涙ぐむ 杉竹
あかつきにしろく残れる冬の星迷ひし闇の夢路恨みぬ 横雲
 

【2020.01.22 Wednesday 06:43】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
寒晴

寒晴や炊事洗濯掃き掃除 杉竹
寒晴の空に吸われて声白し 杉竹
寒晴の空を見上ぐる若人の心知られず吾も立ち尽くす 横雲
 

【2020.01.21 Tuesday 07:23】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |
大寒

大寒のじはりと肩にしみいりぬ 杉竹

大寒の酔い醒めの水旨きかな 杉竹

結ぶ手に汲みて浮かぶや大寒の水に面影ありあけけけの月 横雲

 

【2020.01.20 Monday 05:45】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | - | - | - |