「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 秋桜時空流離ふ恋に似て | main | 名月に酒を友とす一人なり >>
遠き日の思ひ親しき秋彼岸


墓の上に細き雨振る秋彼岸
秋彼岸夕べの雲の色薄く
曼珠沙華月下の畦に咲き競ふ

月は今日は見られそうだが、明日明後日の名月は雨になりそうな天気予報。今日が旧暦8月14日の「小望月(待宵月)」、明日が旧暦8月15日の「中秋の名月(芋名月)」。天文学の満月は23日の18時17分。このところは空を眺めやることになる。
月の見える縁などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などと御酒を供えて観月を楽しむ。芋名月(いもめいげつ)というのはこの里芋を供えることから言うのであろう。
この中秋の夜に雲に隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼んで、これも一つの風情としたよう。いずれにせよ秋の情趣の楽しめる頃である。


【2010.09.21 Tuesday 10:07】 author : 杉篁庵主人
| 俳句雑詠 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする