「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< TPP再論 | main | 山茶花・茶梅 >>
青女・霜の声




心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花 
これは、古今集にある凡河内躬恒の和歌。

さて、今日は全国的に冷え込んだ。
霜の知らせに、霜の句を詠もうかと、調べると「青女」という季語があった。

青女とは霜のことである。
「夜雨寄北」で名高い李商隠の詩にこの青女を詠ったものがある。

 「霜月」  李商隠
初聞征雁已無蟬  
百尺樓高水接天 (高=南=臺)
惱素娥倶耐冷 (冷=寒)
月中霜裏鬪嬋娟

初めて征雁を聞き 已に蝉無く
百尺の楼高く 水 天に接す 
青女 素蛾 倶に冷に耐え 
月中 霜裏 嬋娟を闘はす 

・青女(せいじょ):霜・雪を降らせる女神、霜の異称でもある。〔青女(あおおんな)は世慣れぬ若い女〕
・ 素蛾:嫦娥のこと(月によりて色白きゆえ)、天女、月の異称でもある。
・嬋娟(せんけん):あでやかな姿。
霜降る夜に皓々と照る白い月を眺めながら、月の光りと白い霜との仙女二人が妖艶の美を競っている姿を想像している。

月冴えてひそと降り来し青女かな
消え行くは偲ぶ想いか霜の花

季語にはなかなか味のある言葉がある。
「青女・霜の花」もそうだが、「霜の声」といった季語もある。霜の降りる時の音なき静けさを音に見立てた言葉で、冬の夜の空気が凍りつくような寒い夜の気配がひしひしと伝わってくる。

胸に置く手がやや重し霜の声 小林康
一粒の星生き生きと霜の声 国井忠志
灯を消せば歳月のこゑ霜の声 古賀まり子
小夜覚めし無明の闇に霜の声 小根山光子

更け行けば霜の声聞く三の月
「三の月」とは旧暦10月10日(昨日)の月。刈りあげの祝いなどとも呼ばれる。この日、田の神が山に帰るともいわれる。亥の子行事と混淆することも多い。この日の月は「中秋の月」、「後の月」に対して「三の月」と呼ばれる。「十日夜(とうかんや)」という、十日の月である。

【2010.11.16 Tuesday 15:02】 author : 杉篁庵主人
| 俳句雑詠 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする