「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 何処へ行くのか、嘆かわしい | main | まずは当初の理念・ビジョンに立ち返って >>
冬土用入り・阪神淡路大震災記念日

 

兵庫県南部を中心にM7.2の地震があったのは1995年(平成7年)のこの日。はや16年。

   何事ぞ寒暁の地震(ない)の太ト地鳴り 渡辺夏紀
   縦揺れや五時四六分の時計飛ぶ 渡辺夏紀


土用は、鰻を食べる夏の土用で知られるが、季節の変わり目毎に年に四回ある。二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬の前18日、または19日間が土用となる。
で、今日が冬土用の入りとなる。寒土用ともいう。立春前の寒さの最も厳しい日々である。
また土用は、季節の変わり目で農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすいので控え、土公神の祟りを恐れて土を動かす作業(柱立て、基礎工事、壁塗り、井戸掘りなど)は忌むという。

   鉄瓶をたぎらす快楽寒土用 加藤征子
   寒土用科布のれんに木の香立つ 石田章子

 

 

【2011.01.17 Monday 12:02】 author : 杉篁庵主人
| 文芸(詩・歌・季語) | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする