「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 「抑止力は方便」発言について | main | アメリカとともに沈みゆく日本 >>
自作の俳句や和歌の発表の場




ネット上に自分の作品を投稿するサイトは色々あるようですが、今日は私の使っているサイトの紹介です。

先ずは、
livedoor ハイクブログ(ライブドア 俳句ブログ)」。
このサイトは、縦書きの俳句作成ツールです。詠んだ「俳句」を、自分のホームページやプログに貼り付けることができるので、これをもう一つのブログ「今日の俳句」に貼っています。また、登録すると自分の書くスペースがもらえ、毎日「俳句・川柳・短歌・都々逸(30文字以内)」の「歌」を書き続けられるツールでもあり、更には詠みながらユーザー同士でコミュニケーションすることもできるのでした。このコメントでも人のつながりが生まれるようです。
これは昨年の11月に始めたもの。

また、「うたのわ」という、ネットで和歌(短歌)を詠むサイトがあります。
ネット上で和歌(短歌)を詠み、それを投稿&共有して交流を楽しむサイトです。
和歌に限らず俳句でも、単にネットを通じて自分が作ったものを投稿し、評価を付け合うサイトは今までもありましたが、この[うたのわ]は、歌人(会員登録した人)同士の交流評価に特徴があります。
会員登録した「歌人」は、自分専用のページを持ち、歌を詠む時の名前や、プロフィールを設定します。詠んだ歌は保存され、他の人から「拍手」などの評価を受けることができます。歴史的仮名遣いに変換する機能もあります。それぞれの最初のページは縦書きなのですが、なぜか次ページ以降は横書き。
こちらは数日前から始めてみました。

共にメールアドレスで会員登録して無料で利用できます。共に縦書き表示になります。
それぞれにその特徴をつかめば楽しめそうなサイトです。

「うたのわ」の歌人を辿っていて「題詠blog2011」というイベント会場にたどり着きました。
題詠百首を詠みあうブログで、100人を超える人が詠んでいます。
こちらも今日から参加してみました。そのために又新にブログを作りました。


もうひとつ、私は使っていませんが作った俳句や短歌をブログに貼り付けるパーツ作成サイトには「川柳 短歌 俳句 を楽しむ無料サイト 575fun.com」というのもあります。

【2011.02.18 Friday 09:41】 author : 杉篁庵主人
| 文芸(詩・歌・季語) | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする