「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 夏扇 | main | 横川へ >>
木陰にて
SN3N00550001.jpg
311以降「生きてある」ことの意味を問う人に出会う機会が増えた。
これまでは大の大人が問うのは日常的には今更の話題だったが、それがそうでもなくなっていたのだ。
端的にはそれまで胸の奥に眠っていた問が突然現れて戸惑っているという感じなのだ。
昨日も木陰に座ってのお喋りがいつの間にかそんな話題になっていた。

それぞれが何を求めどう生きてきたかを省み、はてそれでよかったのかと問い直さざるをえない体験を持ったということだろう。それはその体験がどれほど危機的であったか、またどれほどその体験を内省化しているかによっても違っているようだった。
混乱から抜けて落ち着きを取り戻すなかでさぁどうするかと考える時期が来たともいえよう。
考えた結果がみな一致するわけもないが、単にこれからどう過ごすかにとどまらないお喋りになった。

世代によってもその具体的課題は異なっていたが、日常に流されず見詰め直す姿勢に心動かされた。

【2011.07.14 Thursday 09:17】 author : 杉篁庵主人
| - | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする