「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 食品基準の評価 | main | 行く春を惜しみて >>
原発なしで夏の電力賄える

(東京新聞より)

前にも紹介した、週刊朝日EX「関西電力の嘘」でも主張されていたが、賄えるという電力需給の予測にだんだん見通しがついてくるようである。発表されるたびに好転している。

関西電力が23日、新しい今夏の電力需給見通しを公表した。8月に原発が動かない場合、2010年並みの猛暑になると、節電効果を織り込んでも最大需要より16.3%の電力が不足すると試算。同時に公表された関電以外の8電力会社(沖縄電力を除く)の中で最も不足幅が大きかった。
政府は同日、電力の需給検証委員会(委員長・石田勝之内閣府副大臣)の初会合で電力9社が示した需給見通しの検証作業を始めた。これは、原発の再稼働はなく、2010年並みの猛暑を前提としている。

「需給見通しによると、9電力の合計では供給力が0・4%不足する。昨年7月時点の試算(9・2%不足)からは改善した。西日本は3・6%不足するが、東日本は3・7%の余力がある。」(読売新聞)
朝日新聞の第一次原稿にはあった「同じ周波数帯で、電力の融通を比較的自由にできる地域別でみると、西日本(中部電力含む)が3.6%の不足だった。東日本は3.7%の余力があった。」の文言は差換えられ、今は残っていない。

この電力需給見通しに対して、
委員からは、過去に電力使用のピークが各社で同じように続くことがほとんどないことから「丼勘定の議論はやめるべきだ」と、批判する意見が出た。
専門家として出席した「環境エネルギー政策研究所」の飯田哲也所長は「節電の手段は数多くあるのに政府も関電も検討していない」と批判。関電の報告に対し、他社からの電力融通や夜間の電力を活用した揚水発電などの見込みが少ないと指摘し、すべて活用すれば原発なしでも夏の電力を賄えると主張した。他委員も「東京電力などに比べ省エネ効果が少ないのはなぜか」と、関電の報告を疑問視した。
東京新聞は報じている。

 

 

【2012.04.24 Tuesday 10:32】 author : 杉篁庵主人
| 随感・ニュースメモ | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1066515
トラックバック
【電力】今夏の電力、関電など3社不足…東電は余裕あり
1 :おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/04/24(火) 08:45:10.52 ID:???0 政府は23日、電力9社がまとめた今夏の電力需給見通しを公表した。供給力が需要に比べて16・3%不足する関西電力を筆頭に九州、北海...
| 話題の2ちゃんねるニュース | 2012/04/24 4:02 PM |