「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 寒詣 | main | 寒晴 >>
危機深まるも
昨年の一月末日に、絶望的な世情を嘆いて更新をやめてしまおうかとも思った「杉篁庵日乗」に、政治的記事を書く事を諦めて、それまで「今日の俳句」と「朝の雲供廚箸傍していた俳句と和歌を一括して記すことにして一年が経った。
その後の政治状況は急速に悪化し続けている。
それに気づいている人が多いというのに、世論に反映されないそのことが危機を増幅している。
今日も、「安部の招いた危機」について書こうとしてやはり気力をなくした。

こんな状況で、時期の季語を選び、俳句二句・和歌一首を詠むということが、いつまでも続くものとも思えないが、この一年で確かに「日課」にはなった。ぼちぼちこれだけは続けようかと思う。

「紅旗征戎非吾事」
これは定家の「明月記」にある句だが、唐の白居易の七絶が基になっている。
 紅旗破賊非吾事,
 黄紙除書無我名。
 唯共嵩陽劉處士,
 圍棋賭酒到天明。
紅旗賊を破るは吾が事に非ず、
黄紙の除書に我が名無し。
唯だ嵩陽の劉處士と共に、
棋を圍み酒を賭けて天明に到る。

堀田善衛の嘆きからは遠く年老いた。
碁を打ち酒を飲み歌を詠っての余生でいいかとも思う。
 
【2015.02.01 Sunday 11:45】 author : 杉篁庵主人
| よろづのつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック