「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 夏の朝霧 | main | 残暑 >>
立秋

立秋の汗背を伝ひ雲遠し 杉竹
椅子白し風なきままに秋に入る 杉竹
つれなくも君の影なく渡る瀬の風の裏にや秋立ちぬらむ 横雲
今日からはもう秋ですというからに零れる汗に涼しさ探す やゑ

 

今日、立秋。二十四節気の一つ。文字どおり、秋立つ日であり、四季の節目となる「四立」(立春、立夏、立秋、立冬)の一つ。暦の上では今日から秋に入る。
実際には一年で一番暑いころであるが、「秋分」までは「残暑」の期間。この日より残暑見舞になる。朝夕の風音にふと秋の気配を感じるころでもある。
「秋立つ、秋来る、秋に入る、今朝の秋、今日の秋」

 

 そよりとも せいで秋たつ事かいの 上島 貫
 立秋のあるがままなる籐椅子かな 中村汀女
 小浅間の親雲小雲秋立つよ 角川源義
 秋立つや一片耿々の志 日野草城

 

【2017.08.07 Monday 06:17】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068030
トラックバック