「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 立秋 | main | のろのろ台風 >>
残暑

唇を漏るる言の葉残暑光 杉竹
干されたるシーツの白き残暑かな 杉竹
残暑避け猫の這入る木の下や風のまにまに西陽の漏るる 横雲
肌を刺す残暑の光共に浴び離れた距離を手繰り寄せてる やゑ

 

うんざりするほど進まない台風に大雨を警戒し、過ぎたのかまだなのかよくわからない。風はまだある。

この台風過ぎ去っても台風一過とはならず台風が残していった高温多湿な空気で不快な暑さに包まれるという。

「残暑」は、立秋を過ぎた後の暑さ。例年、八月いっぱいくらいは暑い日がつづく。いったん涼しくなった後で、暑さがぶり返すこともある。「秋分」までは「残暑」の期間というが、一般的には残暑見舞いは8月末まで。

 

 日めくりを剥ぎて只今より残暑 林 翔
 蝉はみな残暑残暑と鳴きゐたり 高澤良一
 荷くずれのような転た寝残暑かな 菅原俊夫
 かまきりの虚空をにらむ残暑かな 立花北枝

 

【2017.08.08 Tuesday 09:09】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068031
トラックバック