「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< のろのろ台風 | main | スーパー猛暑日 >>
桔梗

秋ちかう野は一靡き風に揺る 杉竹
ふくらめる白き桔梗の涙かな 杉竹
君愛(は)しと今朝を歓び咲きたるやきちかうのはなうすむらさきに 横雲
桔梗摘む女が去って秋の野は残照の中未来を閉じる やゑ

 

桔梗は、きりっとした輪郭、折り目ただしい花の姿には凛とした風情がある。紫を主とするが、白桔梗にも捨てがたい魅力があろう。秋の七草のひとつ。
「きちこう」ともいう。古今集の紀友則の物名歌、「秋ちかう野はなりにけり白露のおける草葉も色かはりゆく」は、初二句に「きちかう(桔梗)のはな」を隠している手の込んだ言葉遊びの歌。

 

 きりきりしゃんとしてさく桔梗哉 小林一茶
 紫のふつとふくらむ桔梗かな 正岡子規
 一度死ぬ再び桔梗となるために 中村苑子
 桔梗や男も汚れてはならず 石田波郷

 

【2017.08.10 Thursday 06:54】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068033
トラックバック