「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 山の色 | main | 冬用意 >>
秋惜しむ

秋惜しみ人を想へり小旅行 杉竹
人声のいづこにあるや秋惜む 杉竹
過ぐる秋惜しみて君と中天の明かるき月を眺め居しかな 横雲
秋惜しむ時をふたりでぼんやりと過ごしています明るい月夜 やゑ

 

「行く秋」という季語は、晩秋の伝統的な季語で、十月末から立冬直前までの、秋が去ってゆく時季を言う寂寥感の籠った言葉。晩春の季語「行く春」と対になる。
この「行く秋」よりも主観のつよい言葉に、去り行く秋を惜しむ「秋惜しむ」がある。これは古来から「春惜しむ」と相対する詩情とされる。
昨日までのこの一年の記事をまとめて製本発注した。「行く秋」と題した。

 

 秋惜む遥けき友と一つ舟 林 翔
 またひとつ橋を渡りて秋惜しむ 佐藤美恵子
 ペンダントの透明な赤秋惜しむ 伊関葉子

 

【2017.11.06 Monday 08:24】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068124
トラックバック