「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 冬初め | main | 冬の日 >>
枯蔓

枯蔓の残す葉朽ちぬ寺の裏 杉竹
絡まりて引けど動かぬ枯かずら 杉竹
色変はる蔦の枯葉ぞ風吹きて散りて朽ちたり夢路の闇に 横雲
願っても逢えないままに冬になり力任せに枯れ蔓を引く やゑ

 

「枯蔓(かれつる・かれかずら)・蔓枯る」は冬の季語。
類季語に「蔦枯る」がある。
瓜や豆類の枯蔓を取り除く「蔓たぐり・蔓切・蔓引」は秋。「青蔦」は夏の季語、「蔦・蔦紅葉・蔦の葉・錦蔦」は秋の季語、「枯蔦」は冬の季語。
蔓や蔦は樹木や塀などに絡まったまま枯れる。葉が枯れ落ちて蔓だけになった蔓は独特の模様を描き出す。枯蔦の這う洋館や山野の樹々は荒涼とした冬の姿そのもの。

 

 枯蔓の残る力と引き合へり 片山由美子
 ゆるやかに幹を縛め蔦枯るゝ 清崎敏郎
 枯蔦や明治の倉の赤煉瓦 加藤みさ子

【2017.11.11 Saturday 06:41】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068129
トラックバック