「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 枯蔓 | main | 七五三 >>
冬の日

冬の日や妻と二人の木のベンチ 杉竹
冬の日の四時を迎ふる銀座かな 杉竹
冬の日の心もとなく暮れゆきてかれてつれなき恋を恨みぬ 横雲
冬の日が暮れていくとき重なった色葉に恋の影が濃くなる やゑ

 

季語「冬の日」は冬の一日の意でも使うが、冬の太陽を指す場合が多い。太陽をさす場 合は「冬日」という言い方もある。日差しを指すときは「冬日差」「冬日影」を用いることもある。暮れが早く、急かされるような冬の1日を惜しむ季語には「短日」がある。
天気予報で耳にする「冬日」は1日の最低気温が0℃未満の日をいう。
日比谷の菊花展を見て銀座をぶらついた一日は穏やかだった。

 

 冬の日の刈田のはてに暮れんとす 正岡子規
 どすんと冬の日が暮れ一人の獄は一人なり 橋本夢道
 冬の日と余生の息とさしちがふ 斎藤玄
 タンカーの曳きずつてゆく冬日かな 下田水心子

【2017.11.12 Sunday 06:33】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068130
トラックバック