「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 三日 | main | 北風(きた・きたかぜ・ならひ) >>
水仙

水仙を活けたる部屋の薄明かり 杉竹
水仙の秘かに夢を見る如く 杉竹
水仙の黄色を揺らし過ぐる風君が心を思ひそめてむ 横雲
吹く風は遠くの君を染めるよう水仙の花揺らし続ける やゑ

 

水仙はヒガンバナ科。日本古来の植物と思われがちだが、元々は地中海沿岸の原産で、大昔に中国経由で我が国に伝わって来たものだという。寒中に咲く花として印象的なことから、「水仙」、あるいは「水仙花・雪中花・野水仙」と言う場合は冬の季語。

俳句では、春先に咲く、花びらの黄色い「黄水仙」、「ラッパ水仙・口紅水仙・房咲水仙」など、春に咲く水仙を春の季語とするには「○○水仙」とフルネームで詠む。

 

 水仙を一茎挿せば足る小壺 吉屋信子
 一茎の水仙高き書斎かな 大久保橙青
 次の間といふうすやみの水仙花 鷲谷七菜子

【2018.01.04 Thursday 07:17】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068183
トラックバック