「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 北風(きた・きたかぜ・ならひ) | main | 人日(じんじつ) >>
初詣

初詣新たに作る朱印帳 杉竹
初詣巡り巡りて腰痛し 杉竹
神垣をあふぎて祈る新玉の年のはじめのいやさかの声 横雲
掌を合わせ祈る御堂に響いてる読経の声に淑気が満ちて やゑ

 

初詣は、もともとは産土詣や恵方詣から始まった行事であるが、今では信仰する社寺や著名な社寺に詣でることが多い。傍題は「初参・初社・初祓・初御籤」。
歳徳神がいる方向を陰陽道で恵方といい、その年の恵方に当たる社寺に初詣することを「恵方詣」といった。これの傍題には「恵方拝・恵方・吉方・兄方・得方・元方・明きの方・恵方道」がある。戊戌の今年の恵方は「戊(つちのえ)」、巳(5時)と午(6時)の方向の間で、165度・南南東微南(ほぼ南)になる。今年の恵方巻きを食べる向きである。
初詣は、例年、除夜の鐘の中、0時になると隣の神社をはじめとして2社3寺を巡っていたが、今年は眠いのと寒さに負けて無理せず、日が昇ってからにした。家の神棚・荒神・稲荷・仏壇に挨拶した後、暖かい元日だつたから、墓参りも兼ねて近くの3社11寺+馬頭観世音塔を巡った。


昨日は赤坂に出て義兄に朱印帳の初頁に揮毫してもらった。

 

 願ふより謝すこと多き初詣 千原叡子
 恵方にはかかはりもなき初詣 岡安仁義
 恵まれし寿をかしこみて初詣 富安風生

 

【2018.01.06 Saturday 06:08】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068185
トラックバック