「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 鏡開き | main | 寒波 >>
松過ぎ

松過ぎの句会に祝詞はなやげる 杉竹
松明ぎて十円切手貼る賀状 杉竹
祈るとも老らくの身に松過ぎてむなしくふれる昔恋しき 横雲
早々にもう松過ぎて立ちすくむ行くあてがない老らくの道 やゑ

 

「松の内」が過ぎての数日間のことを「松過ぎ・松明け」という。「松納め」の日は、だいたい関東は七日、関西は十五日。
正月飾りが外されて普通の生活に戻るが、すぐには正月気分が抜けずに、浮ついた気分で過ごしている頃。

 

 松過ぎて読むや賀状を叮嚀に 秋月すが子
 何するとなく松過ぎてしまひけり 那須乙郎
 松過の又も光陰矢の如く 高浜虚子

【2018.01.12 Friday 07:10】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068191
トラックバック