「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 寒卵 | main | 実万両 >>
冬木の芽

冬木の芽あしたの色の満たされて 杉竹
遠くから君の声して冬木の芽 杉竹
冬の木の芽や音もせぬ雨細く濡らせる恋の色のしるけき 横雲
あさまだき雨に濡れてる冬木の芽忍んだ恋の色に染まって やゑ

 

落葉樹は冬の間休眠しているように見えるが、小さな芽を育んでいる。それが確かな形となり、ふくらんでくると春は近い。
「冬芽・冬木の芽」が季語。
冬の暖かい日に木の芽や草の芽が出ていることは、「冬萌」という。

 

 しあはせを育ててゐるや冬萌ゆる 福山理正
 余世とはいつよりのこと冬木の芽 来住野臥丘
 晩年といふさびしさか冬木の芽 斎藤節

【2018.01.21 Sunday 06:26】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068200
トラックバック