「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 雛飾り | main | 朧月 >>
春の水

春の水溢れて草の青きかな   杉竹
背の色のキラリとくねり水温む   杉竹
山の井の岩に溢るる春の水濡るるばかりをあやしみにけり   横雲
音立てる岩間の春の水汲めば手に甦る遠い面影   やゑ

 

春の水というと温かくなめらかな印象がある。春になると、雪解けの水や雨で、川や池などの水かさが増す。水面は光り輝き、水音も高くなる。万物の命をはぐくむ水でもある。 「春水・水の春・水温む・春の川」

 

   割り算でといてみなさい春の水   三宅やよい
   川いっぱい使って春の水ながる   高澤良一
   春の水ふきあげられてちりぢりに   夏井いつき
   新しき橋を映して水温む   後澤啼鳥

【2018.03.04 Sunday 07:24】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068242
トラックバック