「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 春の水 | main | 摘草 >>
朧月

黄の花の原に静けき朧月   杉竹
酔ひ果てて眠れる村や月おぼろ   杉竹
見上ぐれば立待ちの月おぼろなり汝が影遠く滲みたるなり   横雲
菜の花の村を照らしておぼろ月遠のいて行く影がせつない   やゑ

 

「朧月・月朧・淡月・春の月」
澄んだ秋の月に対し、春の月は水蒸気のベールがかかったように見える。暈のかかることもある。
欠け始めた月が滲んでいる。

 

指貫(さしぬき)を足でぬぐ夜や朧月 与謝蕪村
月朧おぼろに仰ぐ別れかな 稲畑汀子
かたむきてなほ朧月なりしかな 稲畑汀子
朧夜のひと呼んで声やはらかき 西村和子

【2018.03.05 Monday 07:48】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068243
トラックバック