「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 三椏の花 | main | 馬酔木の花 >>
ヒマラヤ雪ノ下

暖雨止み庭にヒマラヤ雪ノ下 杉竹
ヒマラヤ雪ノ下咲き競ひたる雨上がり 杉竹
春ごとに咲くや喜馬拉耶雪の下とくるおもひの知る人もなく 横雲
春告げて咲いたヒマラヤ雪ノ下ピンクの姿乱もしない やゑ

 

ヒマラヤ雪ノ下は、地面を這うように伸びる太い根茎から、光沢のある大きな葉を出し、春になると花茎を伸ばして、その先に淡いピンクや白の花をまとめて咲かせる。ヒマラヤ山脈周辺(アフガニスタンから中国にかけて)の原産。別名はベルゲニア。 ユキノシタ科ベルゲニア属。団扇や杓文字のような形をした光沢のある大きな葉から「大岩団扇・大岩軍配」を別名としていたりする。
春の花だがどういうわけか季語集・歳時記には採られていない。 ユキノシタ科でも「雪の下・虎耳草・鴨足草」は別の花で初夏の季語。

 

【2018.03.11 Sunday 08:22】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068249
トラックバック