「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 馬酔木の花 | main | 蔓日々草  >>
菜の花

菜の花の風に染まるやあだ情け 杉竹
夕間暮れ茹でし花菜の黄のやさし 杉竹
あたらしき春や来ぬるといちめんに咲く菜の花を風の揺らせり 横雲
どこまでも君を想って続く菜の花の匂いに包まれている やゑ

 

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物で、古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた。一面に広がる黄色の菜の花畑は春の代表的な景色。レンゲと同様に田植えの前に土にすきこんで肥料とする。花の莟は食用にもなる。「花菜・菜種の花・油菜」

 

 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村
 菜の花の中を浅間のけぶり哉 小林一茶
 サヨナラがバンザイになる花菜道 正木ゆう子

【2018.03.13 Tuesday 06:57】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068251
トラックバック