「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 椿 | main | 花の雲 >>
養花天

養花天秘めし想ひを咲かしむや 杉竹
老来の途絶えし便り花曇り 杉竹
恋しきに光のどけき養花天人もこずゑにかかるうき雲 横雲
見上げれば養花天からひとひらが風と語らい舞い降りてくる やゑ

 

「花曇」は、桜の花の咲くころの、薄くぼんやりと曇った空模様。雲が低く垂れ込めるほどではなく、比較的明るい曇り空で、太陽に暈がかかることもある。
「養花天」は雲が花を養うという発想から生まれた言葉という。

 

 花ぐもり朧につづくゆふべかな 蕪村
 目薬にふくらむまなこ養花天 片山由美子
 逡巡の髪切ることも養花天 大石悦子
 花曇り止まつたままの掛け時計 佐藤輝子

【2018.03.26 Monday 06:31】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068264
トラックバック