「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< 花七日 | main | 落花 >>
桜狩

囀りに誘われていく桜狩 杉竹
門を出て日ごとに遠く花巡り 杉竹
風吹くや桜狩する娘らの袂に残る色香のしるき 横雲
花巡る苑のあちこち少女らの声が響いて色が沸き立つ やゑ

 

花見。観桜。関連季語に「花の宴、花巡り、花見客、花見舟、花見酒、花の茶屋、花の酔、花筵、花毛氈、花見茣蓙、花見の席」
桜狩は、花に誘われて、野や山に桜を訪ね歩いて愛でることではあるが、花見より花を求めて逍遥するおもむきがある。「狩り」は訪ね求めるの意。

 

 少年の髪白みゆく桜狩 齋藤愼爾
 今を生く思い切なり花見上ぐ 浅井青陽子
 みな老いて水の近江の花巡り 橋本榮治

【2018.03.29 Thursday 06:21】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sankouan.sub.jp/trackback/1068267
トラックバック