「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
<< あわてふためく小泉の図 | main | 国が赤字補填 >>
この構図が「郵政民営化の本質」



「かんぽの宿」のオリックスへの一括売却白紙撤回が報道されている。
撤回すれば終わりではない。
ただ、これに関連した、参院で示された以下の事実の報道が「しんぶん赤旗」とFNNニュースのみで他では見られない。


昨日「譲渡・廃止方針は竹中の指示であり、旧日本郵政公社が民営化前の2007年3月に178か所の土地・建物を一括売却した件を少し検証してみればその不透明さが明らかになろう。郵政民営化の最大の目的が340兆円の国民資産をアメリカの自由にさせようというところにあるが、それと共に日本郵政の巨大不動産資産をかすめ取るための4分社化であったことがみえてこよう。」と書いたが、いかにかすめ取られているか、全178か所の検証を国としてすべきであろう。


これが民営化の見直しに小泉がなぜ躍起になっているかに繋がる。
日本郵政は114億6700万円の鑑定評価額をつけていたが、共同購入した不動産7社は115億円で落札し、物件を分け合った。落札したのはコスモスイニシア、東急リバブル、長谷工コーポレーション、穴吹工務店、穴吹不動産センター、リーテック、有限会社レッドスロープのグループ。このうちレッドスロープはトンネル会社のよう。
一括売却を担当したのが日本郵政執行役の伊藤和博。彼は長谷工コーポレーション株式会社ザイマックスにも在籍した。民営化から5年間の譲渡・廃止方針については基本的に竹中平蔵の指示であった。


全178か所のうち、これまでの報道で分かっていることは、
178施設の中で1000円で売却されたのは、山形・鶴岡市の旧郵便局の社宅など全国7カ所の物件で、「東急リバブル」に売却。
その内の一つ、旧沖縄東風平(こちんだ)レクセンター(沖縄県八重瀬町)は「東急リバブル」が評価額1000円で取得し、4800万円で転売。
鳥取県岩美町の「かんぽの宿鳥取岩井」は評価額1万円だったが、「レッドスロープ」が社会福祉法人に6000万円で転売。
それと今回の報道だが、評価額(所得額)・転売額は分からない。



「しんぶん赤旗」 2009年2月13日(金)
大阪で郵政資産売却疑惑
“「かんぽの宿」だけでない”
山下議員追及
 郵政民営化による不透明な資産売却は「かんぽの宿」だけではない―日本共産党の山下芳生議員は十二日の参院総務委員会で、大阪府内の郵政施設の資産売却で、大手ゼネコンや大銀行の利益がからみ合う不自然な実態があることを示し、全容解明を求めました。
 山下氏が取り上げたのは、大阪府枚方市にあった「近畿郵政レクリエーションセンター」(レクセンター)です。同施設は、二万平方メートルの広大な土地にテニスコート、野球場などがあり、近隣住民も利用していました。しかし、郵政民営化法が成立して閉鎖され、二〇〇七年三月に大手ゼネコンの長谷工コーポレーションに売却されました。
 山下氏は、▽「レクセンター」の売却では百七十八物件を一括して売却する方法をとったため、一般競争入札とは名ばかりで、資金力のある二つのグループしか入札参加しなかった▽その結果、長谷工は駅から徒歩三分にある同物件を手に入れマンション建設を計画している―と指摘。さらに、郵政公社が売却を委託した中央三井信託銀行が、長谷工の優先株を35%所有している事実をあげ、「長谷工が利益を増やせば、中央三井信託は受け取る配当が増える関係だった」と追及しました。
 また、山下氏は、長谷工が同物件を入手した八日後に、栄泉不動産に転売していることを紹介。同不動産は、もともと西川善文日本郵政社長の出身である住友グループ、住友生命保険が100%出資の会社でした。〇五年には外資モルガン・スタンレーが95%の株式を保有していました。山下氏は、「こういう構図で、国民の財産が処理されている」と、鳩山邦夫総務相の見解をただしました。
 鳩山氏は、「国民の財産がいいように処理されている、そういう疑いを強くもったとしてもおかしくない」と述べました。
 山下氏は、「日米金融資本や大手ゼネコンが国民の財産を『えじき』にしてきたことが民営化の本質の一つだ。全容を解明して、民営化を抜本的に見直すことが必要だ」と強調しました。



FNNニュース
共産党・山下芳生議員、旧日本郵政公社の枚方レクセンター売却について不透明と指摘
参議院総務委員会で、共産党の山下芳生議員は、日本郵政が公社時代に大阪府内のスポーツ施設を長谷工コーポレーションに売却したのは、「不透明だ」と指摘した。
旧日本郵政公社は2007年3月、所有する178施設を7社に一括売却したが、共産党の山下議員は、そのうち長谷工コーポレーションが購入した物件は、大阪府の「枚方レクセンター」だけだったことなどを挙げ、長谷工がほとんど競争することなく目玉物件を入手できたのは、「不透明だ」と指摘した。
これに対し、日本郵政は「公正な競争が行われたと考えている」と答弁している。
これについて、鳩山総務相は「事実であれば、国民の財産がいいように処理をされているという疑いを強く持っておかしくない」と述べている。 (02/13 01:04)




【2009.02.14 Saturday 09:58】 author : 杉篁庵主人
| 随感・ニュースメモ | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする