「さんこうあんにちじょう」は、HP「杉篁庵」(sankouan)の1頁です。
主にその日の庭の花の写真を掲載しています。
 
暮の秋

病歴を語りあふ友暮の秋 杉竹

賑へる古本街や暮の秋 杉竹

こぬ人を待つともなしの暮の秋浅茅が末に露しとどふる 横雲

きっぱりと考え違いを咎められなすすべなくて萎れて帰る 【考】八慧

  

【2019.11.05 Tuesday 05:19】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紅葉狩

落ち枝を杖にとかくの紅葉狩 杉竹

紅葉狩終えて町の灯透ける夜 杉竹

しのぶれど紅葉の色に染まりつつ夢路のやみに袖を濡らせり 横雲

あちこちに「熊出没」と示された紅葉の森をこわごわ進む 【熊】八慧

  

【2019.11.04 Monday 05:37】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋惜しむ

高原に棚引く煙秋惜しむ 杉竹

秋惜しむ思ひ出一つ抱きしめて 杉竹

虫の音に暮れ行く秋を惜しみつつ待つともなしに古き文読む 横雲

応答の確率低いメールでも秋の夜惜しみながなが記す 【確率】八慧

  

【2019.11.03 Sunday 05:46】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
朝霧

流れゆく深き朝霧県境 杉竹
朝霧や浅間の見えぬ浅茅原 杉竹
秋の野にふかき朝霧晴れぬまま声遠くして見えぬ君かな 横雲
走りぬく真夏すがしい札幌に晴れて輝く五輪のマーク 【礼】八慧
  

【2019.11.02 Saturday 05:55】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
十一月

風冷ゆや十一月の首里の城 杉竹
十一月散れる楓を拾ふ朝 杉竹
澄み渡る十一月の青き空思ひ梢に留めがたかり 横雲
切れそうで夢をつないだ凧糸がもうこれ以上には伸ばせない 【凧】八慧
  

【2019.11.01 Friday 05:53】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハロウィン

ハロウィンの夜を待ちゐる吸血鬼 杉竹
削られず転がっている大南瓜 杉竹
華やぎて万聖節の夜を待つ異教の衣装壁に吊るさる 横雲
幼な子が並んで歌うハロウィンのキュートなコスプレひまわり帽子 【ひまわり】八慧
 

 

【2019.10.31 Thursday 07:12】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
木の実落つ

思ふこと妖しく重ね木の実踏む 杉竹
椋の実を啄む鳥の声高し 杉竹
杉皮の屋根に音立て木の実落つ静けき夜は淋しかりけり 横雲
紅葉観る設けの席に五つ六つ飾るともなく木の実置かれる 【設】八慧
  

【2019.10.30 Wednesday 07:49】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
熟れ柿

熟れ柿の落ちてつぶれてやるせなく 杉竹
掌にうけし熟柿すすれる夜のしじま 杉竹
いとしくて秋のとどまる熟れ柿を吸ふかなしみに疼く古傷 横雲
熟れ柿が梢にふたつ三つ残る楽譜の音符が零れたように 【楽譜】八慧
  

【2019.10.29 Tuesday 05:54】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冬隣

古本のにほふ黄昏冬隣 杉竹
冬隣古本市に影を追ふ 杉竹
夕暮れの古本市を彷徨ひて人の恋しくなるはかなしき 横雲
鈴懸の並木を抜けた公園に草の穂わたが風に光った 【鈴】八慧
 

【2019.10.28 Monday 05:39】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冬仕度

山荘ははや葉の散りて冬仕度 杉竹
冬仕度捨つべきものの多かりし 杉竹
木の葉散りむなしき枝に山鳥の羽根も交わさず明かしねを鳴く 横雲
宝くじ買ってはやばや冬仕度さて死支度には何を捨てよう 【宝くじ】八慧
  

【2019.10.27 Sunday 07:44】 author : 杉篁庵主人
| 俳句・和歌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |